FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
「イッちゃったね?佳純ちゃん」
「はぁはぁ…ひどいょぉ…シンちゃん」
「罰ゲーム決定ね」
「はぁはぁ…」バイブはまだはまったまま。うねうね動いてる。
「罰ゲームしなくてもいいけど?ディズニーランドは行けないよ」
「ひどいょぉ…あん!」バイブを抜いた。
すでに俺のジュニアも回復!佳純ちゃんに近藤さんをつけてもらい、正常位で合体!
「くあーん!」
なんか、いつもより激しく交わってしまった。
乱れまくりの佳純ちゃん。ホントに小学生?
佳純ちゃんは何度かイッて、俺も激しく射精。
終わったら二人、抱き合いながらしばし呆然としてしまった。
「シンちゃん…罰ゲームしないとダメなの?」
「しなくてもいいけど……」
「あーん!イジワルだよー!」
「じゃ、罰ゲームね。明日体育授業あるの?」
「ううん。あさって」
「じゃあさって、ノーブラで学校へいくこと」
「……恥ずかしいなぁ…聞かれたら、友達になんていうの?」
「朝、遅刻しそうで慌ててたらつけわすれたって言えば?」
「うん…」
「金曜日、朝学校いくときにノーブラかどうか確認するからね!」
「うん…」
ムフ。
面白くなりそう。
「シンちゃん、夜家にご飯食べにきてね!」
「わかったよー」
ベロチューして別れた。
夜、佳純ちゃん家で夕飯をご馳走になり、少し勉強を教えてあげた。
算数が苦手みたいだね。
「お世話になりっぱなしで悪いですわ」
「そんなことないですよ」母親も綺麗な女性だな。
佳純ちゃんも将来はいいオンナになりそう。すでにオンナだけどね。
明日からバイトだ。
罰ゲームが楽しみ楽しみ。
ディズニーランドの日程も調整しないとね。

2009.11.05 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。