FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
冷静になった俺は、自分のしてしまったことを悔やんだ、美佳に謝っても謝りきれない・・・そう思った。
俺が美佳に文字通り土下座して謝った、美佳になんと罵られようと、謝るしかない、そう思った。
だが、美佳の口にした言葉は「ごめんなさい」だった。
美佳は泣きながら話はじめた。妹と高校のときからレズの関係だったこと。レズの関係といっても
キスしたり胸やあそこを触ったりするだけの関係だったが、
おれに告白されたことを美佳が妹に話した日に、 妹に無理やりバイブで処女を奪われたこと。
それから、自分でもバイブを使うオナニーをするようになってしまったこと。
初めてのときに言ったように本当に男性は俺が初めてなこと。妹とは今でも月に1・2度レズってること。
妹に対しても恋愛に近い感情があること、
でも、一番すきなのは俺なので、これからはもう2度と妹と会わないと。
そして、最後にもう一度泣きながら「本当にごめんなさい」と美佳はいった。

俺は美佳を優しく抱き寄せ、「謝らないといけないのは俺のほうだから・・・」そういってキスをした。
仲直りをし、そのあと1回だけ普段どおりのやさしいセックスをして眠りについた。

ただ、俺はかなり身勝手かもしれないが、結果として美佳を泣かせた妹が許せなかった。
妹を滅茶苦茶にしてやろうと、そのとき思った。

#えっと、俺と妹に仮名がなかったので、俺=貴裕妹=理恵にします。

暫くは、今までどおりのイチャイチャした甘いセックスをする日々がづづいた。
俺はそれとなく、美佳から理絵とのレズについての情報を集めた。
理絵は基本的に攻め専門でだということ。バイブでオナニーはしてるようだが、
男性が苦手なので ほぼ間違いなく、男性経験がないこと。
アナルがまったく開発されていないことなどがわかった。

俺は、ほぼ真性のレズらしい妹を滅茶苦茶にする為には、男なしでいられなくするのがいいと思った。
しかも、俺はアナルセックスも好きな俺
(美佳のアナルは俺が2年かけて美佳がアナルで逝けるレベルまで 開発済み)は、アナル開発もいい手段だとおもった。
「エッチなこと考えてたでしょう?」ベッドの中で不意に美佳が言った。「え?!」あからさまに動揺する俺。
美佳は「私と理絵のレズが見たいとか、3Pしたいとか考えてなかった?」頬を膨らませながら、
少し怒ったような声で問い詰めてくる。ここで動揺してはまずい。
「レズが見たいって言うならみせてくれるの?3Pしたいって言ったらさせてくれるの?」あえて意地悪く聞き返した。
美佳の表情が怒った顔から恥ずかしそうな顔に急変する。
「・・・貴裕さんが見たいなら・・・私はいいよ・・」小さな声で恥ずかしそうに答える。
予想外の答えにおれも焦る「で、でも、理絵が見せてくれるとは思えないぞ・・・ましてや、3Pなんか絶対無理だろ?」

2009.12.21 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。